知らない方向けのクレジットカードの基礎知識

Posted by , 2015年5月26日

クレジットカードの仕組み

まずクレジットカード会社は世界各地に加盟店を持っており、その加盟店のみでクレジットカードが利用出来る様になっています。利用者は加盟店であれば、現金を持っていなくてもカードで支払いを行う事が出来、後日、クレジットカード会社からの請求を元にお金を支払うという仕組みになっています。高額な買い物などの際に現金を持ち歩かなくて済んだり、今はお金を持っていなくても来月にはお金が入るから前もって商品を勝っておきたいなどといった際にも融通を利かせる事が出来ます。利用者からは年会費を取り、加盟店からは手数料を取る事で利益を得る仕組みとなっているので、規模が広がる程に収益はどんどん増えていきます。正にクレジット、信用があるからこそ成立する数限られた企業にしか許されない商売と言えるでしょう。

クレジットカードを作るには審査が伴います

クレジットカードは誰でも作れるというわけではありません。それぞれのカード会社で独自の審査が行われ、職業や収入、過去の信用実績等から総合的に判断をされます。また、仮に作る事が出来ても限度額に制限が設けられることもあるなどといった事もあります。過去に別のカードで返済を滞らせたり、キャッシングなどをしていたりすると審査に通らないといった事もあるので、注意が必要となります。作成時の審査もありますが、枠の増額時などにも審査が伴うので、常に返済状態はきれいな状態にしておきましょう。

返済方法も様々あります

クレジットカードを利用した際の支払方法はカード会社によって様々用意されています。1回払いを基本として、2回、3回などの分割払い、ボーナスが支給される月に一括で支払うボーナス一括払いがあります。これらに加えて、月に一定額のみを支払うリボルビング払いという支払方法もあります。クレジットカードを持つ上で最も重要と言えるのが返済の計画性です。支払い不能に陥らない様に計画性を持って、返済方法を使い分ける事が大切です。

クレジットカードを1枚持っていればお札や小銭で財布の中がかさばらずに済むので、必ず1枚持っておくのが社会人のマナーと言えます。